コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウバンギ川 ウバンギがわ Oubangui

2件 の用語解説(ウバンギ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバンギ川
ウバンギがわ
Oubangui

アフリカ大陸中部の川。コンゴ川右岸最大の支流。上流部はムボム川と呼ばれ,中央アフリカ共和国バンガスー南西約 80kmの地点で,コンゴ民主共和国北東部からのウェレ川 (1300km) と合流,ウバンギ川となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウバンギ川
うばんぎがわ
Oubangui

アフリカ中部を流れるコンゴ川ザイール川)の最大の支流。中央アフリカ共和国コンゴ民主共和国(旧ザイール)の国境沿いに西流し、中央アフリカの首都バンギの近くで南流し、コンゴ民主共和国とコンゴ共和国との国境線をなして、コンゴ盆地中央部のツンバ湖の西でコンゴ川と合流する。全長1130キロメートル。10~11月の高水位期には、この合流地点からバンギまでの700キロメートルの間、また2~4月の低水位期には、バンギの下流90キロメートルのリベンゲまで航行可能となる。上流域では熱帯林が繁茂し、中・下流域は広大な沼湿地である。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウバンギ川の関連キーワードコンゴ共和国コンゴ川バンギルワンダブラックアフリカ汎アフリカ主義北阿ランド オブ アフリカウバンギ[川]五大州(五大陸)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウバンギ川の関連情報