コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウバーレ ウバーレuvala; uvale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバーレ
uvala; uvale

カルスト地形の一種。隣接するいくつかのドリーネ (すり鉢状の凹地) が,浸食の進行によって連続したもの。もとはボスニア・ヘルツェゴビナのボスニア地方の石灰岩地域で用いられた用語。日本では山口県秋吉台に発達。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウバーレ(〈ドイツ〉Uvala)

石灰岩地域でみられる大規模な凹地(くぼち)。複数のドリーネがさらなる浸食でつながって形成される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウバーレ

カルスト地形の一つ。ドリーネの溶食が進んで,楕円状のくぼ地になったもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウバーレ
うばーれ
uvala

石灰岩地域にみられる凹(おう)地形で、ドリーネより大きく、ポリエより小さいものをいう。その平面形は細長い楕円(だえん)形をしており、長さは1キロメートルぐらいが標準的である。凹地の周囲は急崖(きゅうがい)をなしており、底は幅広く、かならずしも平坦(へいたん)ではない。成因は、ドリーネが発達して隣接のドリーネを結合する場合、地下の鍾乳洞(しょうにゅうどう)の上盤の落下による陥没の場合、両者の結合によるものなどである。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウバーレの言及

【カルスト地形】より

…一般に多雨地域ほどドリーネ密度は高い傾向がある。ドリーネがしだいに発達拡大して,隣のドリーネと連なり,さらに広い不整形の凹地となったものをウバーレuvaleという。 これらの凹地の底には,石灰岩中の不純物(粘土など)がテラ・ロッサと呼ばれる赤色の風化残留土となって集積する。…

【浸食作用】より

…地表にはドリーネと呼ぶすり鉢形の吸込み穴が多数うがたれ,地下には地下水の溶食によって規模の大きな洞穴が生じ,きわめて特徴的な地形をつくる。しばしば〈ろうそく岩〉にみたてられるヘイスタックhaystackと呼ぶ岩塔,岩面を刻む細かい溝のラピエ,ドリーネが連合したウバーレ,大型の凹地ポリエなど溶食に特有な地形を合わせ,カルスト地形と呼んでいる。その地域の地下水面がカルストの浸食基準面にあてはまる。…

※「ウバーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウバーレの関連情報