コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウビコ

2件 の用語解説(ウビコの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウビコ

グアテマラの軍人,政治家。1931年に大統領に選出。不況対策として公共投資の削減,均衡予算,賃金削減を実施し,バナナコーヒーなどの輸出振興をはかるとともに,大衆運動徹底的に弾圧して強権体制をしいた。
→関連項目グアテマラ(国)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウビコ【Jorge Ubico Castañeda】

1878‐1946
グアテマラの軍人,政治家。同国の改良派軍人の最後のひとりとして,1931年に自由党等の支持のもとに大統領に選出された。大不況下の同国で公共投資の削減,均衡予算,賃金削減等の対不況政策を実施し,輸出経済の促進をはかるとともに,〈緊急事態〉を理由にして大衆運動を徹底して弾圧し,長期の強権体制をしいた。しかし44年に大衆的な反発のため大統領を辞任してアメリカに亡命し,同地で死去した。【山崎 カヲル】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウビコの言及

【グアテマラ】より

…バナナの積出港プエルト・バリオスとグアテマラ市および太平洋側のサン・ホセを結ぶ鉄道を敷設したのも同社である。1929年に始まる世界的大不況は同国経済に深刻な打撃を与えたが,31年にホルヘ・ウビコが大統領となり,44年のクーデタで倒されるまで独裁体制を維持し,反対勢力の弾圧と国家主義的経済政策の促進に努めている。44年10月には,小ブルジョアジー,学生が軍部の一部の支持を得て,ウビコを倒した軍事評議会を打倒し,翌年,改革派のフアン・ホセ・アレバロが大統領に選出された。…

※「ウビコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウビコの関連キーワードアンティグアグアテマラCACMグアテマラ和平マラトンキリグアパナハッチェルプンタゴルダグアテマラ内戦アンティグア-グアテマラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone