コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマースバーティ Umāsvāti

世界大百科事典 第2版の解説

ウマースバーティ【Umāsvāti】

インド,ジャイナ教の著名な学僧。生没年は不明であるが,だいたい5,6世紀ころの人とみられる。別名ウマースバーミンUmāsvāmin。ジャイナ教教義の綱要書《タットバ・アルタ・アディガマ・スートラ(真理の意味を理解するための経)》の著者として,広くその名を知られる。本書は,その冒頭に〈正しい信仰・知識・行為が解脱(げだつ)への道である〉と述べ,全10章のなかにジャイナ教独自の認識論,宇宙論(世界観),存在論,解脱のための実践論などを順次概説して,業(カルマ)に束縛された霊魂(ジーバjīva)がいかにすれば解脱(モークシャ)を得ることができるかを説き示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマースバーティ
うまーすばーてぃ
Umsvti

生没年不詳。5、6世紀インドのジャイナ教の学僧。別名をウマースバーミンともいう。ジャイナ教の教理綱要書『タットバ・アルタ・アディガマ・スートラ』(真理の意味の了得についての経)の著者として知られる。この経の内容は、ジャイナ教独自の認識論、宇宙論(世界観)、存在論、解脱(げだつ)のための実践論などからなり、全体として、業(ごう)(カルマ)に束縛された霊魂(ジーバ)がいかにすれば解脱(モークシャ)に到達できるかを示す。もっとも古くかつ権威ある綱要書で、今日でもジャイナ教徒はこれを重視し、日々の読誦(どくじゅ)経典として用いる。[矢島道彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android