コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマースバーティ Umāsvāti

2件 の用語解説(ウマースバーティの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウマースバーティ【Umāsvāti】

インド,ジャイナ教の著名な学僧。生没年は不明であるが,だいたい5,6世紀ころの人とみられる。別名ウマースバーミンUmāsvāminジャイナ教教義の綱要書《タットバアルタ・アディガマ・スートラ(真理の意味を理解するための経)》の著者として,広くその名を知られる。本書は,その冒頭に〈正しい信仰・知識・行為が解脱(げだつ)への道である〉と述べ,全10章のなかにジャイナ教独自の認識論,宇宙論(世界観),存在論,解脱のための実践論などを順次概説して,業(カルマ)に束縛された霊魂(ジーバjīva)がいかにすれば解脱(モークシャ)を得ることができるかを説き示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマースバーティ
うまーすばーてぃ
Umsvti

生没年不詳。5、6世紀インドのジャイナ教の学僧。別名をウマースバーミンともいう。ジャイナ教の教理綱要書『タットバ・アルタ・アディガマ・スートラ』(真理の意味の了得についての経)の著者として知られる。この経の内容は、ジャイナ教独自の認識論、宇宙論(世界観)、存在論、解脱(げだつ)のための実践論などからなり、全体として、業(ごう)(カルマ)に束縛された霊魂(ジーバ)がいかにすれば解脱(モークシャ)に到達できるかを示す。もっとも古くかつ権威ある綱要書で、今日でもジャイナ教徒はこれを重視し、日々の読誦(どくじゅ)経典として用いる。[矢島道彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウマースバーティの関連キーワードインド哲学カジュラーホジャイナ教ジャイロ計器車胤チャンドラグプタマハービーラリジャイナジャイブジャイプール

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone