カルマ(読み)かるま

  • karma
  • 〈梵〉karman

占い用語集の解説

仏典などの日本語での解釈では「」という意味合いで使われる。サンスクリット語では「行為」、または行為の結果として蓄積される「宿命」と訳される。カルマは「過去(世)での行為は、良い行為にせよ、悪い行為にせよ、いずれ必ず自分に返ってくる。」という因果応報法則のことであり、インド占星術土台であるヴェーダ哲学の根底に流れる思想である。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

日本のポピュラー音楽は日本のバンド、BUMP OF CHICKEN。2005年発売。作詞作曲:藤原基央。RPGゲーム「テイルズ オブ アビス」と、2008年放映の同ゲームのアニメ版のオープニングテーマに起用。
Y.K.エンタープライズが輸入販売するドッグフードブランド。オーガニック食材を全体の95%以上使用している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のカルマの言及

【ジャイナ教】より

…ジャイナ教はインドで原子論を説いた最初の学派である。善悪の行為から生ずる業(カルマkarma)も物質とみなされる。さて,霊魂にはその本性として無限の知恵と知覚と威力と喜びが内在しているが,現実には業によって束縛され自由を奪われている。…

※「カルマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルマの関連情報