コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミキノコ ウミキノコ Sarcophyton aculangulum

2件 の用語解説(ウミキノコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミキノコ
ウミキノコ
Sarcophyton aculangulum

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミトサカ目ウミトサカ科。ウミタケとも呼ばれる群体の直径 1mに達する大型種で,きのこ形。太い柄部で岩に固着する。冠部は中央がくぼみ,周辺が大きく波打っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミキノコ
うみきのこ / 海茸

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミトサカ目ウミトサカ科サルコファイトン属Sarcophytonの海産動物の総称、またはそのなかの代表種。この属は、群体の高さと径がほぼ等しい短大な柄部と、中央がややくぼんで周辺がひだをつくるやや平板状の冠部とからなり、柄部の下端で岩礁に固着する。冠部の上面全域にポリプを分布させ、冠部の下面と柄部はポリプを欠く。ポリプは二型現象を示し、通常の個虫は8本の羽状触手と8枚の完全隔膜を備え、管状の個虫はそれらを欠く。群体は径10センチメートルぐらいのものから、1メートルを越す大きなものまであり、暖海のサンゴ礁域浅海に多産し、日本でも紀伊半島以南の浅海の岩礁上にみられる。
 ウミキノコSarcophyton aculangulumはウミタケともよばれ、群体は径1メートルぐらいになり、南西諸島以南のサンゴ礁にみられる。近似種のヒラウミキノコS. elegansは紀伊半島以南に、オオウミキノコS. glaucumは南西諸島以南に分布する。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミキノコの関連キーワードハナヤサイサンゴ海鶏冠珊瑚八放珊瑚六放珊瑚サンゴ(珊瑚)ウミトサカ(海鶏頭)造礁サンゴ(造礁珊瑚)ハマサンゴ(浜珊瑚)六放サンゴ亜綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウミキノコの関連情報