コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジロガシ

百科事典マイペディアの解説

ウラジロガシ

カシ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラジロガシ
うらじろがし / 裏白樫
[学]Quercus salicina Bl.

ブナ科の常緑高木。高さ15メートル前後、樹皮は灰黒色で平滑、老木では裂け目が入る。枝は細くよく分枝する。葉の質は薄く、縁(へり)は波打ち、鋸歯(きょし)は鋭く、先端は尾状でやや垂れる。表面は光沢が強く、裏はろう質を分泌し、風に吹かれると鮮やかに映り、白いので、裏白樫の名がある。5月、当年枝に雄花序と雌花序をつける。殻斗(かくと)は基部が細く詰まり、径1~1.5センチメートル。環は6、7層で灰褐毛を密生する。堅果は翌年の10月に熟す。宮城県以西の本州から、沖縄、台湾まで分布する。[萩原信介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウラジロガシの言及

【カシ(樫)】より

…材が白いのでこの名がある。ウラジロガシQ.salicina Bl.はシラカシに似ているが,枝が白っぽく,葉裏は蠟白色で熱に溶ける。アカガシQ.acuta Thunb.(英名Japanese evergreen oak)(イラスト)は枝が太く,葉は卵形で全縁,葉柄は長く,斜上する。…

※「ウラジロガシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウラジロガシの関連キーワード白見山和田川峡県立自然公園ノグチゲラ(野口啄木鳥)阿武隈渓谷県立自然公園ヒサマツミドリシジミキリシマミドリシジミ鹿児島県大島郡大和村オキナワウラジロガシルーミスシジミムラサキシジミミドリシジミ伊礼原遺跡樫・橿・櫧カシ(樫)沖縄(県)冠山山地植物区系ブナ科笹葉樫細葉樫笹樫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウラジロガシの関連情報