コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラン・ラジウム系列 ウランラジウムけいれつ

2件 の用語解説(ウラン・ラジウム系列の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウラン・ラジウム系列【ウランラジウムけいれつ】

自然放射性元素崩壊系列の一つ。質量数238のウラン(ウランI)から始まり,質量数206の鉛(ラジウムG)に至る系列。質量数は4n+2で表される。
→関連項目放射性元素

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラン・ラジウム系列
うらんらじうむけいれつ
uranium-radium series

ウラン238から始まる放射性核種の崩壊系列をいう。ウラン系列ということもある。この系列の核種の質量数は、すべて4n+2(nは正の整数)となるので4n+2系列ともいわれる。
 太陽系は約60億年前に凝集し始めたと考えられている。地球の年齢は約45億年とされているが、当時地球にあったウランは酸化物となって地殻に含まれるようになったと考えられている。ウラン238の半減期も地球の年齢と同程度であるから、当時のウラン238の半分は放射崩壊してほかの核種に変化したわけである。ウランの天然同位体の一つであるウラン234は、ウラン238の崩壊の途中で生じたもので、ウラン238は質量数4n+2の値をもつ他の元素の同位体を経て、最終的には鉛の安定同位体である鉛206になる。途中で生じた同位体には、その元素名とは別の元素名をつけた名称が与えられることもあったが、それは歴史的なもので、正式名称ではない。
 天然放射性核種の崩壊系列には、このほかにアクチニウム系列とトリウム系列があり、人工的につくられた放射性核種の崩壊系列としてはネプツニウム系列がある。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウラン・ラジウム系列の言及

【放射性崩壊系列】より

…放射性元素が放射性崩壊によって,つぎつぎに別の元素あるいは同位体(まとめて核種という)に変わっていくときの一連の系列をいう(図)。天然放射性元素の系列には,ウラン系列(ウラン・ラジウム系列ともいう),トリウム系列,アクチニウム系列の三つの系列がある。これらの各系列の初めの元素が238U,232Th,235Uであり,それらが崩壊していくときの元素の質量数はそれぞれ4n+2,4n,4n+3(nは整数)で表される。…

※「ウラン・ラジウム系列」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone