コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラーンゴム ウラーンゴムUlaangom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラーンゴム
Ulaangom

モンゴル北西部,オブス州の州都。モンゴルアルタイ山脈のハルヒラートゥルゲン連山の北東麓,標高 936mにある。首都ウラーンバートルから北路自動車道が延び,ウルギーホブドなど隣接州の州都と自動車道で結ばれている。古くから農耕が行われていた。ドルベット族などオイラート系の住民が多い。人口約2万 5000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウラーンゴム

モンゴルの北西部の町。ウブス湖の南西岸近くに位置する。ウブス県の県都で,ウブス湖の周辺地域の行政,経済の中心地となっている。また道路交通の集まるところで,食品工業なども行なわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラーンゴム
うらーんごむ
Ulaangom

モンゴル西部、ウブス県の県都。ウブス湖南西のハルヒラー川流域にある。人口2万6319(2000)。もとチベット仏教ラマ教)寺廟(じびょう)があり、商業の一中心地であった。1921年の人民革命後、ウブス県の政治、経済、文化の中心地となった。図書館、博物館、ホテルのほか、金属工場、木材工場、皮革工場などがある。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone