コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリクラゲ(瓜水母) ウリクラゲ Beroe cucumis

1件 の用語解説(ウリクラゲ(瓜水母)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウリクラゲ【ウリクラゲ(瓜水母) Beroe cucumis】

無触手綱ウリクラゲ科の有櫛(ゆうしつ)動物(イラスト)。日本各地に分布するが,とくに寒海に多産する。体は寒天質でウリのような形をしている。大きな個体では高さ20cmほどになる。全体は淡紅色を帯びる。触手はない。下部に開く口は非常に大きく,これを反転して他のクラゲ類や小型甲殻類などをのみ込む。8本の櫛板(しつばん)の内側にある子午水管から多数の枝管がで,これらが各所で融合して網目状になっている。しかし,これらの枝管と口道水管との間にはほとんど連絡がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウリクラゲ(瓜水母)の言及

【クシクラゲ】より

カブトクラゲBolinopsis mikadoは,長さ10cmほどの卵形で,下方両側に大きな翼状突起があり,ときに大群になる。ウリクラゲBeroe cucumis(イラスト)は,長さ15cmになり,全体が淡紅色。触手をもっておらず,ごくふつうに見られる。…

【クシクラゲ】より

…胃腔からは上方と赤道面に管を出し,赤道面の管は枝分れして8本となり,櫛板の並んだ8本の管と連絡する。しかし,ウリクラゲでは網状になっている。体の上端に平衡器があり,これより繊毛溝がのびて各櫛板に連絡し,櫛板の運動を調節する。…

※「ウリクラゲ(瓜水母)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウリクラゲ(瓜水母)の関連キーワードアラゲキクラゲビゼンクラゲ有櫛動物帯水母櫛水母琴水母風船水母真水水母赤水母行灯水母

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone