コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシクラゲ

百科事典マイペディアの解説

クシクラゲ

有櫛(ゆうしつ)動物門に属する無脊椎動物の総称。形はかぶと形,ウリ形,帯状とさまざまだが,卵形のものが多い。体長1.5〜15cm。体はほとんど無色透明で非常にこわれやすい。
→関連項目クラゲ(水母)有櫛動物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クシクラゲ【comb‐jelly】

有櫛(ゆうしつ)動物門Ctenophoraに属する種類の総称。体の表面に繊毛が櫛(くし)の歯のように並んだ櫛板(しつばん)をもっているところからこの名がある。腔腸動物(刺胞動物)のクラゲのように体は寒天質で,一生の間海中で浮遊生活をするが,なかには他の動物や海藻に着生するものや,はって動く種類もある。形はかぶと形,ウリ形や帯状であって,傘形のものはない。多くの櫛板が縦に並んだ列が8本あり,櫛板の繊毛を波状に動かして移動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クシクラゲ

有櫛動物」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クシクラゲ
くしくらげ / 櫛水母
comb-jerry

腔腸(こうちょう)動物門に入れられてその1亜門とされていたが、現在の分類では有櫛(ゆうしつ)動物という独立の1門として一括されている海産動物の総称。多くは浮遊性であり、また寒天質に富むため、ヒドロクラゲ類やハチクラゲ類に似ているし、また形態的な共通点も多いが、これらのクラゲ類とは異なる特徴も多い。すなわち、クシクラゲ類でも真の中胚葉(ちゅうはいよう)が形成されず、体は外皮、内皮の2層とその中間の中膠(ちゅうこう)とからなり、また神経系は外皮直下に網目状をなして散在している。しかし、一方ではクシクラゲ類には、普通の腔腸動物にかならずみられる刺胞がまったくみられないこと、体が放射相称ではなく二放射相称であること、体表に繊毛の集まって生じた8列の櫛板(くしいた)があること、すべて雌雄異体であること、発生中にプラヌラ幼生が形成されないこと、などいくつかの著しい特徴がみられる。クシクラゲ類の多くの種類には2本の触手がみられる。フウセンクラゲ、カブトクラゲ、オビクラゲ、ウリクラゲなど、世界の海にプランクトンとして広く分布し、それぞれの体の形からその名がつけられている。クシヒラムシ、クラゲムシ、コトクラゲなどは浮遊性ではなく、海底にすんで匍匐(ほふく)生活を送っており、これらのものの多くは奇妙な形をしており、また成体では櫛板が退化している。クシクラゲ類の系統については学者の見解はかならずしも一致していないが、扁形(へんけい)動物の渦虫(うずむし)類となんらかの類縁があるであろうことは否定できない。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クシクラゲの関連キーワードフウセンクラゲクラゲ(水母)カブトクラゲツノクラゲコトクラゲウリクラゲモザイク卵二放射相称プラヌラ発光生物ロゼット平衡石角水母調節卵駒井卓触手膠胞刺胞相称

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クシクラゲの関連情報