ウリジン5′-三リン酸(読み)ウリジンサンリンサン

  • uridine 5′-triphosphate

化学辞典 第2版の解説

C9H15N2O15P3(484.14).略称UTP.筋肉をはじめ各動物組織,酵母中に存在し,分子中に高エネルギーリン酸結合を2個含む.ウリジン5′-二リン酸から酵素的に生合成され,化学的にも合成されている.λmax 262 nm(ε 10.0×103,pH 7).pK1 1.0,pK2 6.5,pK3 9.9,pK4 > 13.8.酸に不安定で,5′-ウリジル酸(UMP)になる.UTPはリボ核酸の生合成の基質となるほか,種々の糖類とそれらの代謝の中間体であるウリジン二リン酸糖(UDP-糖)を生成する重要な化合物である.[CAS 63-39-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android