コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルキサ ウルキサUrquiza, Justo José de

2件 の用語解説(ウルキサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルキサ
ウルキサ
Urquiza, Justo José de

[生]1801.10.18. エントレリオス
[没]1870.4.11. サンホセ
アルゼンチンの軍人,政治家。大統領 (在任 1854~60) 。農場主。独裁者 J.ロサスのもとでエントレリオス州知事の地位にあったが,1852年ロサスを破って政権を掌握。 53年近代的憲法を発布し,54年アルゼンチン連合の大統領に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウルキサ【Justo José de Urquiza】

1801‐70
アルゼンチンの政治家,軍人。1841年以来エントレ・リオス州知事の座にあったが,52年ブラジルの支援を得て独裁者ロサスを打倒し,全国の支配権を握った。翌年連邦主義に立脚した憲法を制定して近代的政治制度の基礎を据え,大統領在任中(1854‐60)は教育の拡充や外国移民の誘致などの進歩的政策を実施した。61年ブエノス・アイレス州との戦闘に敗れ,70年政敵により暗殺された。【松下 洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウルキサの言及

【アルゼンチン】より

…また同政府の打倒を目指した40年代の英仏両国による軍事干渉にも頑強に抵抗して撤兵をよぎなくさせた。しかしロサスの過酷な独裁政治には国民の批判が絶えず,52年ウルキサJusto José de Urquizaとの戦闘に敗れ失脚した。
[農牧業の発展]
 ウルキサは翌年憲法を制定して近代的統一国家の実現を目指したが,ブエノス・アイレス州の離反にあって果たせず,62年同州知事ミトレが大統領に就任することでようやく全国的な統一国家が誕生した。…

【アルゼンチン】より

…また同政府の打倒を目指した40年代の英仏両国による軍事干渉にも頑強に抵抗して撤兵をよぎなくさせた。しかしロサスの過酷な独裁政治には国民の批判が絶えず,52年ウルキサJusto José de Urquizaとの戦闘に敗れ失脚した。
[農牧業の発展]
 ウルキサは翌年憲法を制定して近代的統一国家の実現を目指したが,ブエノス・アイレス州の離反にあって果たせず,62年同州知事ミトレが大統領に就任することでようやく全国的な統一国家が誕生した。…

【ロサス】より

…なかでもフランスは,38‐40年と45‐50年(イギリスは1845‐49年)に2度にわたってラ・プラタ川を封鎖しロサス政権を脅かしたが,彼は文教予算を削減するなどして軍備の拡充に努め,いずれの封鎖も挫折させた。だが,イギリス,フランス両国の封鎖で経済的な打撃を受けた他の諸州では彼への批判がしだいに高まり,51年5月エントレ・リオス州のウルキサが反ロサス運動に立ち上がった。翌年2月カセロスの戦でウルキサ軍に敗れたロサスはイギリスに亡命し,再び祖国の土を踏むことはなかった。…

※「ウルキサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルキサの関連キーワード享和辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿鳥文斎栄之藤簍冊子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone