コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルップソウ科 ウルップソウかGlobulariaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルップソウ科
ウルップソウか
Globulariaceae

双子葉植物シソ目の1科。広義ではゴマノハグサ科の1亜科とされる。おもに地中海周辺からヨーロッパアルプスなどに分布するグロブラリア属が中心属で約 30種があり,グロブラリア科ともいう。日本を含む北半球亜寒帯と亜高山帯に産するウルップソウLagotisをこの科に含めた場合,この科を和名でウルップソウ科と呼ぶ。花は5数性の合弁花冠をもち,両性花で左右相称形をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルップソウ科
うるっぷそうか
[学]Globulariaceae

双子葉植物、合弁花類。多くは多年草、まれに小低木。葉は単葉で、多くは根際に群がり、その間から花茎を伸ばし、穂状に密に多くの花をつける。萼(がく)は鐘形で5裂するか、1枚の鱗片(りんぺん)状。花冠は筒状の唇形。雄しべは2本または4本で、花筒の上部に付着する。子房は2室、各室に上部から下垂する1個の胚珠(はいしゅ)がある。果実は(さくか)。おもにアジア、ヨーロッパ、南アフリカに分布し、11属300種ほど知られ、そのうち日本には1属3種が分布し、グロブラリアがときに栽培される。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウルップソウ科の関連キーワードホソバウルップソウ山崎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android