コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルップソウ科 ウルップソウか Globulariaceae

2件 の用語解説(ウルップソウ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルップソウ科
ウルップソウか
Globulariaceae

双子葉植物シソ目の1科。広義ではゴマノハグサ科の1亜科とされる。おもに地中海周辺からヨーロッパアルプスなどに分布するグロブラリア属が中心属で約 30種があり,グロブラリア科ともいう。日本を含む北半球亜寒帯と亜高山帯に産するウルップソウLagotisをこの科に含めた場合,この科を和名でウルップソウ科と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルップソウ科
うるっぷそうか
[学]Globulariaceae

双子葉植物、合弁花類。多くは多年草、まれに小低木。葉は単葉で、多くは根際に群がり、その間から花茎を伸ばし、穂状に密に多くの花をつける。萼(がく)は鐘形で5裂するか、1枚の鱗片(りんぺん)状。花冠は筒状の唇形。雄しべは2本または4本で、花筒の上部に付着する。子房は2室、各室に上部から下垂する1個の胚珠(はいしゅ)がある。果実は(さくか)。おもにアジア、ヨーロッパ、南アフリカに分布し、11属300種ほど知られ、そのうち日本には1属3種が分布し、グロブラリアがときに栽培される。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルップソウ科の関連キーワード子葉双子葉植物托葉単子葉植物主根禾本科合弁花類胡麻の蠅網状脈双子葉類

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone