ウルトラボックス(読み)うるとらぼっくす(英語表記)Ultravox

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスのロック・グループ。おもに1970年代後半から1980年代前半にかけて、パンク/ニュー・ウェーブ、テクノポップ、ニュー・ロマンティクス(1980年代前半のイギリスで流行した、ファッション・モード重視型のロックのスタイル)といった、複数のスタイルにまたがる独特のサウンドで知られる。同じバンド名でも1970年代、1980年代、1990年代ではメンバーから音楽性まで、かなり様変わりしていることも特徴。

 1970年代の第1期ウルトラボックスは、バンド名もメンバーも転々としたまま、実験的な音楽制作を続けていたジョン・フォックスJohn Foxx(1947― 、ボーカル)と盟友クリス・クロスChris Cross(1952― 、ベース、シンセサイザー、ボーカル)が、スティービー・シアーズStevie Shears(ギター、ボーカル)とウォーレン・カンWarren Cann(1952― 、ドラムス、ボーカル)に、ビリー・カリーBilly Currie(1950― 、キーボード、バイオリン)を加え、1976年グループ名をウルトラボックスとして活動開始。ブライアン・イーノや、のちにU2やXTCなどをプロデュースすることになるスティーブ・リリーホワイトSteve Lillywhite(1955― )らとの共同プロデュースで、デビュー・アルバム『ウルトラボックス!』(1977)をリリース。フォックスの声質やデカダンな曲調から、「第二のロキシー・ミュージック」という評判を得るが、この時期のサウンドは、まだパンクの重力圏から完全に脱し切れてはおらず、そうしたトーンは同年のセカンド・アルバム『ハ! ハ! ハ!』まで続く。

 そして1978年、サード・アルバム『システム・オブ・ロマンス』をリリース。クラフトワークやカンをはじめ、幾多のジャーマン・エレクトロニック系アーティストを手がけたコニー・プランクConny Plank(1940―1987)のプロデュースによる同作は、シアーズからロビン・サイモンRobin Simonにギタリストが交替したことも手伝って、パンク色が大きく後退し、ヨーロッパ調の耽美的な雰囲気が全編に漂う仕上がりとなる。リズム・マシンやシンセ・ベースなど、エレクトロニクスの効果的な導入もプラスとなり、同作はフォックス在籍時の第1期ウルトラボックスの最高傑作とされ、後世にはテクノポップの名盤の1枚として、しばしば選ばれるようになる。しかし商業的には同作は成功せず、フォックスとサイモンが脱退、バンドは活動休止状態に入る。その後、フォックスはエレクトロニクスとアコースティックを絶妙にブレンドした方向性のソロ作品で日の目をみる。

 皮肉なことにバンド活動休止後、ゲーリー・ニューマンGary Numan(1958― )が「僕が師と仰ぐのは、ジョン・フォックスだ」と発言したことをきっかけに、この第1期ウルトラボックスが再評価されることになる。かくして活動再開を決断した残りのメンバーは、元リッチ・キッズ、シン・リジー、ビサージ等のキャリアをもつミッジ・ユーロMidge Ure(1953― 、ギター、ボーカル)を招き寄せ、第2期ウルトラボックスを始動。1980年にリリースされた『ビエナ』では、フォックス在籍時代とはうって変わって、ユーロのもつポップ・センスが前面に出され、哀愁や叙情性と聴きやすさを兼ねそなえたエレクトロニック・ポップ・チューンが並び、日本でも収録曲「ニュー・ヨーロピアンズ」がCMソングに使われてヒットするなど、各国で商業的成功をおさめる。この傾向は次作『エデンの嵐』(1981)へと継承され、結果、第2期ウルトラボックスは、スパンダー・バレエ、ヒューマン・リーグ、ヤズー、ABCらと並ぶ、ニュー・ロマンティクスを代表するグループとして一世を風靡する。ユーロをフロントマンに据えた第2期は、1986年の『U-Vox』まで続いたが、同作を最後にバンドは再び活動休止。ユーロもソロに転向する。

 1992年、キーボードのカリーが主導して、第3期ウルトラボックスが再始動する。往年の名曲「ビエナ」の1992年度ミックスを皮切りに、新体制によるフル・アルバム『リベレーション』を1993年に発表しても、時代からずれたインダストリアル・ロック風の内容は大きな支持を得られなかった。

[木村重樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android