コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンヌケ Eulalia speciosa (Debeaux) O.Kuntze

2件 の用語解説(ウンヌケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウンヌケ【Eulalia speciosa (Debeaux) O.Kuntze】

大型のイネ科の多年草イラスト)。丘陵地の水はけのよい草地に大株を作って生える。和名は愛知県の方言で,牛の毛の意味である。穂の黄褐色の長毛に由来するのであろうか。茎は直立して株を作り,円柱形で高さは80~120cmである。葉は茎の根もとと茎の節とにつき,長い線形で,長さは30cm余り,幅は5mm余りあり,根もとの葉の鞘(さや)の外面に厚くビロード状の黄毛をかぶる特徴がある。花序は9~10月ころ,茎の頂に出るが,長さ10~15cmのひも状の総(ふさ)が4~7個散房状に並ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンヌケ
うんぬけ / 牛毛
[学]Eulalia speciosa (Debeaux) OK.

イネ科の多年草。稈(かん)は太く、基部は黄褐色の毛が密生した古い、やや膨らんだ葉鞘(ようしょう)に囲まれ、直立して高さ約1メートルになる。9~10月に稈の先に掌状の花穂をつくり、多数の小穂をつける。小穂は対(つい)をなし、2小花をもち、一つは有柄、一つは無柄である。花穂の軸は第1包穎(ほうえい)とともに帯黄褐紫色の毛を密生する。本州の愛知県と九州の日当りのよい草地に生え、中国、フィリピン、インドに分布する。名は、中京方面の方言で牛の毛という意味である。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウンヌケの関連キーワードパンパスグラスリボングラス鴨茅笹草縮笹蓑米油薄香茅沼茅雌刈萱