エウメネス2世(読み)エウメネスにせい(英語表記)Eumenēs II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウメネス2世
エウメネスにせい
Eumenēs II

[生]?
[没]前160/前159
ペルガモン王 (在位前 197~160/59) 。アッタロス1世の子。ローマと親交を結んでシリアと戦い,領土を拡大。学問芸術を保護してペルガモン王国ヘレニズム文化中心地とし,アクロポリスの上に神殿をはじめ多くの建造物を造営した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android