コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウメネス2世 エウメネスにせいEumenēs II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウメネス2世
エウメネスにせい
Eumenēs II

[生]?
[没]前160/前159
ペルガモン王 (在位前 197~160/59) 。アッタロス1世の子。ローマと親交を結んでシリアと戦い,領土を拡大。学問芸術を保護してペルガモン王国ヘレニズム文化中心地とし,アクロポリスの上に神殿をはじめ多くの建造物を造営した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エウメネス2世の関連キーワードヒエラポリスアッタロス[2世]アッタロス(3世)アッタロス(2世)アッタロス[3世]ファルナケス1世アリストニコスアッタロス2世ペルガモン祭壇アッタロス3世アッタロス朝ヒエラポリスペルガモン図書館羊皮紙在位書籍

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android