コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エオヒップス エオヒップスEohippus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エオヒップス
Eohippus

北アメリカヨーロッパの新生代古第三紀始新世地層から産出するウマの祖先の化石。体はキツネぐらいの大きさで,前足には 4本,後足には 3本の指趾をもつ。アケボノウマ(曙馬)ともいう。一般には,オスニエル・チャールズ・マーシュがつけたエオヒップスで知られているが,学名としてはリチャード・オーウェンが名づけたヒラコテリウム Hyracotherium が正しいとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エオヒップス
えおひっぷす
eohippus
[学]Hyracotherium

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の化石動物。アケボノウマともいわれる。始新世(5400万~3700万年前)前期の北アメリカの森林にすんでいた。ウマの先祖と考えられ、奇蹄目やウマ科の進化を考えるうえで重要な存在となっている。大きさはキツネぐらいで、頭は長いが小さく、尾は長い。前肢に4本、後肢に3本の指があり、先には小さなひづめがあった。歯式は

で合計44本と、現生のウマ類(40~42本)より前臼歯(ぜんきゅうし)が多い。なお、この時期、イギリスはじめヨーロッパ各地には5本指のヒラコテリウムがすんでいた。学名は、命名規約の優先権により、エオヒップス(1876年命名)も、ヒラコテリウム(1840年命名)の名に統一されている。[祖谷勝紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエオヒップスの言及

【ヒラコテリウム】より

…1840年に,ロンドン粘土層から発見されたこの化石に,R.オーエンは,ハイラックスに似たけものたち(テリウム)という意味のこの名をつけた。その後,アメリカの古生物学者のO.C.マーシュは,現生のウマとヒラコテリウムの中間型の化石があることを知り,はじまりのウマという意味のエオヒップスEohippusを用いたが,命名規約上ヒラコテリウムに先取権がある。ヒラコテリウムは,古型の有蹄類で主として暁新世に繁栄した髁節(かせつ)類と歯や骨格の構造に共通性がある。…

※「エオヒップス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エオヒップスの関連キーワードメソヒップス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android