エカテリーナ1世(読み)エカテリーナいっせい(英語表記)Ekaterina I Ale-kseevna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1684.4.15. マリエンブルク
[没]1727.5.17. ペテルブルグ
ロシア女帝 (在位 1725~27) 。リトアニア (リトワ) 農民の娘で,前名はマルファ・スカブロンスカヤ。スウェーデン人と結婚していたが,北方戦争中マリエンブルクを占領したロシア軍に捕えられ,A.D.メンシコフ公に売られた。その家を訪れたピョートル1世 (大帝)の目にとまり,寵愛を受け,1712年正式に結婚して彼の2度目の妃となる。よき妻であった。ピョートル死後,帝位継承の争いが起ったが,新廷臣貴族の代表であったメンシコフと彼を支持する近衛連隊に擁立されて即位。旧門閥貴族は彼女に迫って,26年国家の最高統治機関である枢密院を創設させたが,その実権はメンシコフの握るところとなり,国政は彼の掌中に帰した。その治世は短かったが,これ以後エカテリーナ2世 (大帝) の時代にいたるまで,ロシアは貴族の寡頭制を経験することになった点で注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1684年4月15日
ロシア女帝(在位1725〜27)
1727年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android