コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エキソ(英語表記)exo

世界大百科事典 第2版の解説

エキソ【exo】

元来は,〈外,外部〉を意味するギリシア語に由来する接頭語。〈内,内部〉を表す接頭語エンドendoと対をなす。有機化合物の立体化学命名法で,エキソは,もともとショウノウのような二環式化合物の主橋状基に,より近い位置を示すための接頭語として用いられた。たとえばイソボルネオール水酸基-OHは主橋状基-C(CH3)2-に近いのでエキソ型,ボルネオールの水酸基はこれに対してエンド型である。一般にエンド位置に比べてエキソ位置は立体障害が少ない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android