コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクイティ equity

翻訳|equity

百科事典マイペディアの解説

エクイティ

英国の法体系の一つ。1875年まで存続した衡平法裁判所(大法官裁判所)の判例を通じて発達したもの。裁判所に委任した以外の王の裁判権行使に由来。コモン・ローの欠陥を裁量的に救済することで発達した。
→関連項目英米法クリーン・ハンズ差止請求権

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エクイティ
えくいてぃ
equity

広義には衡平・正義、道徳的衡平を意味するが、狭義には、イギリスにおいて、コモン・ローの欠陥を是正するために発達、形成された法体系をいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエクイティの言及

【衡平法】より

…英米法系で,厳格法たる普通法,コモン・ローと対比され,もともとは衡平・正義感を基準にしてのコモン・ローの補正原理であったものが,判例法として凝固してでき上がった法の総称。すなわち衡平法とは,厳格で形式的・一般的な法に対して,個々の事件のもつ特殊性を重視し,普遍性のゆえに不完全となりうる法を具体的に補正する原理であったエクイティ(衡平)が,イギリスにおいては特殊な歴史的理由から,法をつかさどる裁判所すなわち各種のコモン・ロー裁判所とは別の裁判組織で体系的につかさどられるうちに漸次固定化・組織化され,コモン・ローとは別ではあるが同じような一種の実定的な判例法になってきたものを呼ぶのである。したがって,抽象的な衡平・正義そのものではない。…

※「エクイティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エクイティの関連キーワードデットファイナンス Dept Financeプライベート・エクイティ・ファンドブランド・エクイティ管理システムマーケティング・ベースの比較法ブランド・エクイティ報告書ブランド・エクイティの測定ブランド・ベースの比較法ブランド・エクイティ憲章ブランド・リーダーシップブランド・マネジメントエクイティファイナンスブランド・ロイヤルティインターブランド方式同一価値労働同一賃金デットファイナンスマスター・ブランドCITICグループバイアウトファンドデット Debtホリスティック法

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エクイティの関連情報