コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゴノリ

4件 の用語解説(エゴノリの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

エゴノリ

 [Campylaephora hypnaeoides].紅藻綱イギス目の海藻.寒天の原料として使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海藻海草標本図鑑の解説

エゴノリ

からだは糸状で叉状に規則正しい分枝をする。分枝は広い角度で行われ各方向にみられるが,枝先端付近の側生の小枝は 偏生する。長い枝の先端は内側に向かってカギ状に曲がっており、この部分で他の海藻や自身の体にからみつき全体で塊となり着生する。手触りは柔らかくもろ い。生体は黄紅色〜紅色。押し葉標本は台紙に付着するが老成したものは付着しにくくなる。エゴノリは各地で食用とされており,寒天原藻として利用されたり,特性を生かした「おきゅうと」と呼ばれる郷土料理として使われている。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エゴノリ【Campylaephora hypnaeoides J.Ag.】

体は叉(さ)状に分枝した糸状で,枝の先がかぎ状に曲がり,これでホンダワラ類などにからみついて生育する紅藻イギス科の海藻(イラスト)。体は長さ10~20cmで,太さは老成部分で約1mm,かぎ状に曲がる部分はさらにやや太い。しかし叉状に分枝した枝は繊維状で,細い。体は太い中軸細胞とそれをとり巻く多数の細い糸状細胞から構成される皮層からなる。糸状細胞の間隙(かんげき)には寒天物質が充てんする。日本各地の低潮線下のホンダワラ類などの体上に着生し,寒天の原藻として採集される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゴノリ
えごのり / 恵古苔
[学]Campylaephora hypnaeoides J. Agardh.

紅藻植物、イギス科の海藻。黄赤色で、次々と二またに分かれる数多くの細糸状の分枝をもつ、つる草形分枝形の海藻。最頂端の分枝が鉤(かぎ)形に変形し、ホンダワラ類の体枝に絡みついて生育する。春から夏にかけて繁茂する一年生藻。日本沿岸に広く分布するが、とくに日本海沿岸や九州西岸などに多産し、寒天製造の副原料となる。古くから福岡市内では、エゴノリだけでつくったおきうと(沖独活)を食べる習慣があるが、類似の食品は佐渡島にもある。カラクサイギスは地方名。ホンダワラ類に絡まって生育する海藻には、アミクサ、カギイバラノリ、モズクなどがあるが、最頂端分枝が絡まるのはエゴノリとカギイバラノリの2種である。両種間の区別は、エゴノリは体枝を構成する細胞が大きく、一見数珠(じゅず)をつなげたようになるが、カギイバラノリではそういう特徴がない。なおモズクは、褐藻植物で暗褐色、粘滑質の体枝をもつ点で区別できる。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエゴノリの言及

【イギス】より

…高さは10~30cmになり,体は紅紫色,糸状,円柱状で叉(さ)状,3叉状または4叉状に分枝する。似た種類にハネイギスC.japonicum Okamura,アミクサC.boydenii Gepp,エゴノリCampylaephora hypnaeoides J.Ag.などがあるが,ハネイギスは小枝を羽状に出すこと,アミクサは体の節部の周囲から小枝や細毛のような枝を多数出すこと,エゴノリは枝の先端が釣針のように曲がることで,それぞれ区別される。日本,朝鮮半島,千島列島,サハリンの沿岸に分布し,〈いぎすこんにゃく〉を作って食用とするほか,寒天原料の混合藻としても使われる。…

【イギス】より

…高さは10~30cmになり,体は紅紫色,糸状,円柱状で叉(さ)状,3叉状または4叉状に分枝する。似た種類にハネイギスC.japonicum Okamura,アミクサC.boydenii Gepp,エゴノリCampylaephora hypnaeoides J.Ag.などがあるが,ハネイギスは小枝を羽状に出すこと,アミクサは体の節部の周囲から小枝や細毛のような枝を多数出すこと,エゴノリは枝の先端が釣針のように曲がることで,それぞれ区別される。日本,朝鮮半島,千島列島,サハリンの沿岸に分布し,〈いぎすこんにゃく〉を作って食用とするほか,寒天原料の混合藻としても使われる。…

※「エゴノリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エゴノリの関連キーワードイギス唐糸草川苔草川水雲小米空木糸状虫磯馴葎鳥毛藻花苔オニクサ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone