コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジョフ

3件 の用語解説(エジョフの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エジョフ

ソ連邦の政治警察の指導者,大粛清の組織者。1917年ボリシェビキに加わる。スターリン体制下の1936年以降,内務人民委員として党・軍・政府幹部をはじめとする大粛清を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エジョフ【Nikolai Ivanovich Ezhov】

1895‐1940?
ソ連邦の政治警察の指導者,大粛清の組織者。1917年にボリシェビキに加わり,内乱時は赤軍内で政治工作を行った。20年代から30年代にかけては党中央委員会,特にスターリンのもとで人事や治安機関への監督を行っていた。36年9月にヤゴダのあとを継いで内務人民委員となると,第2,第3次モスクワ裁判などで,党・軍・政府幹部をはじめとする大粛清を行い,エジョフ体制とよばれた。政治局員となるが,38年末に解任され,ベリヤにより粛清されたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エジョフ
えじょふ
Николай Иванович Ежов Nikolay Ivanovich Ezhov
(1895―1939?)

ソ連共産党幹部。1917年入党。30年より党中央委員会人事部長としてスターリンの人事政策を忠実に推進、頭角を現す。36年9月に内務人民委員に起用され、スターリンの指導下に大規模な粛清を実行。弾圧の「行きすぎ」の責任をとらされる形で、38年12月に解任。39年に銃殺と推定される。[原 暉之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエジョフの言及

【大粛清】より

…ジノビエフらは〈トロツキー=ジノビエフ合同本部事件〉という見世物裁判において検事の偽造した自己の犯罪をすすんで認め,裁判後,銃殺された。36年9月,党中央委員会の官僚であったエジョフが内務人民委員となると党員に対する粛清の規模は拡大した。ピャタコフGeorgii L.Pyatakov(1890‐1937),ラデックらが裁かれ,また37年2月の中央委員会総会中,ブハーリンルイコフらが逮捕され,38年の第3次モスクワ裁判において死刑が宣告されて処刑された。…

※「エジョフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エジョフの関連キーワード警察法ゲシュタポゴルバチョフ政治警察ソ連特高プラウダ高等警察ソ連邦警察庁長官と警視総監

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone