コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エステルゴム大聖堂 エステルゴムダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

エステルゴム‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【エステルゴム大聖堂】

Esztergomi bazilika》ハンガリー北部の都市エステルゴムにある大聖堂。同国におけるカトリック教会の中心であり、国内最大の規模をもつ。初代ハンガリー王イシュトバーン1世により最初の建物が築かれ、オスマン帝国の攻撃により完全に破壊された。現在の聖堂は19世紀に建築家ヒルド=ヨージェフの設計により新古典主義様式で再建されたもの。宝物館を併設し、シュキの聖杯、マーチャーシュ王受難図など同国有数のコレクションを所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

エステルゴムだいせいどう【エステルゴム大聖堂】

ハンガリーのエステルゴムにある聖堂。ハンガリー建国の地、ドナウ川を望むエステルゴムの小高い丘に位置し、ハンガリーカトリックの総本山である。この町で生まれた初代国王イシュトヴァーン1世が1000年に築き、16世紀にオスマンの侵攻によって占領されて破壊されたが、1856年に再建した。現在もハンガリーカトリックの中心地である。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

エステルゴム大聖堂の関連キーワードカウナス大聖堂聖イジー教会聖イジー聖堂ジュール大聖堂聖イシュトバーン大聖堂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android