コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッチュウバイ エッチュウバイ Buccinum striatissimum; finely-striate buccinum

3件 の用語解説(エッチュウバイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッチュウバイ
エッチュウバイ
Buccinum striatissimum; finely-striate buccinum

軟体動物門腹足綱エゾバイ科。通称シロバイ。殻高 12cm,殻径 7cm。殻は卵円形でやや薄くてもろい。螺塔は8階あり,各層ともよくふくらむ。殻表は白色で,淡黄色の薄い殻皮をかぶり,全面に細い螺肋が密にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

エッチュウバイ

 [Buccinum striatissimum].バイ目バイ亜目エゾバイ属の巻貝.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エッチュウバイ
えっちゅうばい / 越中
[学]Buccinum striatissimum

軟体動物門腹足綱エゾバイ科の巻き貝日本海に分布し、水深200~500メートルの細砂泥にすむ。殻高12センチメートル、殻径7センチメートルに達する卵円錐(えんすい)形で薄くてややもろい。螺層(らそう)は8階でよく膨らみ、殻表は白色であるが、淡黄緑色の殻皮をかぶっていて、全面に細い螺脈があり、成長線に交わって布目状をなす。成貝では普通、殻皮がはがれていることが多い。殻口は丸く、外唇は肥厚し、水管溝がある。蓋(ふた)は灰黄色で丸くて薄く、核は中央にある。軟体は白く、黒色斑(はん)がある。冬季にバイ籠(かご)(籠網の一種、ツブ籠ともいう)を沈めて採取する。肉は柔らかく美味である。マバイとよばれるカガバイも本種と同種とみられる。地方によってはエゾボラモドキNeptunea intersculptaをエッチュウバイと俗称する。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エッチュウバイの関連キーワードエゾバイオオエッチュウバイカガバイ軟体動物バイ後鰓類白バイ象水母越中蛽軟体類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エッチュウバイの関連情報