コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッチュウバイ Buccinum striatissimum; finely-striate buccinum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッチュウバイ
Buccinum striatissimum; finely-striate buccinum

軟体動物門腹足綱エゾバイ科。通称シロバイ。殻高 12cm,殻径 7cm。殻は卵円形でやや薄くてもろい。螺塔は8階あり,各層ともよくふくらむ。殻表は白色で,淡黄色の薄い殻皮をかぶり,全面に細い螺肋が密にある。ふたは灰黄色,丸くて薄く,核が中央付近にある。肉は白色地に黒い斑点をもつ。日本海の水深 200~500mの砂泥底にすんでおり,冬にバイ籠を沈めて採取する。肉は柔らかくて美味。なお近縁種で日本海産のカガバイ B. sensyumaruaeはマバイ,オオエッチュウバイ B. tenuissimumはアオバイ,ツバイ B. tsubaiはタゴバイと俗にいわれており,いずれも食用に供されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

エッチュウバイ

 [Buccinum striatissimum].バイ目バイ亜目エゾバイ属の巻貝.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エッチュウバイ
えっちゅうばい / 越中
[学]Buccinum striatissimum

軟体動物門腹足綱エゾバイ科の巻き貝。日本海に分布し、水深200~500メートルの細砂泥にすむ。殻高12センチメートル、殻径7センチメートルに達する卵円錐(えんすい)形で薄くてややもろい。螺層(らそう)は8階でよく膨らみ、殻表は白色であるが、淡黄緑色の殻皮をかぶっていて、全面に細い螺脈があり、成長線に交わって布目状をなす。成貝では普通、殻皮がはがれていることが多い。殻口は丸く、外唇は肥厚し、水管溝がある。蓋(ふた)は灰黄色で丸くて薄く、核は中央にある。軟体は白く、黒色斑(はん)がある。冬季にバイ籠(かご)(籠網の一種、ツブ籠ともいう)を沈めて採取する。肉は柔らかく美味である。マバイとよばれるカガバイも本種と同種とみられる。地方によってはエゾボラモドキNeptunea intersculptaをエッチュウバイと俗称する。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エッチュウバイの関連キーワードオオエッチュウバイゴトウホンヤドカリバイ(巻き貝)深海動物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android