エトシャ国立公園(読み)エトシャこくりつこうえん(英語表記)Etosha National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エトシャ国立公園
エトシャこくりつこうえん
Etosha National Park

ナミビアの北部にある国立公園。 1958年設定。面積2万 2270km2。広漠たる半乾燥平原から塩水の大湿地帯にいたる。低木林や草原が広がり,ゾウ,サイ,ライオンハイエナシマウマダチョウフラミンゴペリカンなどが生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エトシャ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【エトシャ国立公園】

Etosha National Parkナミビア北部にある国立公園。エトシャパンとよばれる塩類低地と半砂漠地帯が含まれる。乾季でも涸れない水場があり、絶滅が危惧されるクロサイをはじめ、アフリカゾウ、シマウマ、ライオン、ブチハイエナなどの野生動物が生息する。エトーシャ国立公園。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android