エバ

デジタル大辞泉「エバ」の解説

エバ[作品名]

原題、〈フランス〉Eveペギーによる叙事詩。1913年発表。7500行を超える大作で、翌1914年マルヌの戦いで戦死した著者遺作となった。
《原題、〈フランス〉Eva ou le journal interrompuシャルドンヌの小説。1930年刊。副題未完の日記」。

エバ(Eva)

イブのラテン語名。
[補説]作品名別項。→エバ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「エバ」の解説

エバ

(Eva) =イブ
※ぎやどぺかどる(1599)上「天狗、ゑばを以て、あだんを勧め落し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のエバの言及

【イトメ】より

…10~11月の大潮の夜に雌雄の体の前方1/3がちぎれ,生殖物を充満させて泳ぎだし,生殖群泳する。このような生殖型個体をバチ,ウキコ,ヒル,エバまたは日本パロロと呼んでいるが,眼が著しく大きくなり,いぼ足も幅広くなって泳ぎやすい形に変形している。生殖型個体が泥の中より浮上することをバチ抜けと呼ぶが,このようなときは魚が飽食するので釣餌に集まらない。…

【バチ】より

…多毛綱ゴカイ科の環形動物で,生殖のために遊泳する生殖型個体のうち日本にいるものをいう。ウキコ,ヒル,エバともいう。イトメのバチを日本パロロ(英名Japanese palolo)ともいう。…

【パロロ】より

…多毛綱に属する環形動物で,生殖時期に海面を群泳しながら生殖を行う生殖型個体をいう。日本では,このような個体を,バチ,エバ,ウキコなどと呼んでいる。ゴカイ科のイトメは日本パロロ(英名Japanese palolo)といわれ,11月と12月にみられる。…

※「エバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android