コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エパナゴゲ Epanagōgē tōn nomōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エパナゴゲ
Epanagōgē tōn nomōn

ビザンチン帝国の法令集。 879年バシリウス1世の治世中編纂された法令集で,『エクロゲ』を基礎にして,フォチオスの唱える二重統治論 (皇帝と総主教,政治と教会の分離) を展開したが,法的効力を得ることなく終った。のちに『バシリカ法典』の序の部分に組入れられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エパナゴゲの関連キーワードバシレイオス[1世]ビザンチン帝国

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android