エパナゴゲ(英語表記)Epanagōgē tōn nomōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エパナゴゲ
Epanagōgē tōn nomōn

ビザンチン帝国の法令集。 879年バシリウス1世の治世中編纂された法令集で,『エクロゲ』を基礎にして,フォチオスの唱える二重統治論 (皇帝と総主教,政治と教会の分離) を展開したが,法的効力を得ることなく終った。のちに『バシリカ法典』の序の部分に組入れられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android