エビ(蝦/海老)(読み)エビ

百科事典マイペディアの解説

エビ(蝦/海老)【エビ】

甲殻綱十脚目長尾類の総称。頭胸部,腹部からなる。第2触角は特に長く,胸脚ははさみをなすものが多い。腹部は7節,筋肉がよく発達しその屈伸によって運動する。外骨格が比較的薄く水中を泳ぐ遊泳類と,外骨格が堅い歩行類とに分けられる。熱帯〜寒帯に広く分布,淡水産にはヌマエビ,テナガエビ,ザリガニなどがいるが海産種が多い。成長の過程は一様ではないが,ふつうノープリウス,ゾエア,ミシスなどの幼生を経て成体になる。イセエビ(歩行類),クルマエビサクラエビテッポウエビクマエビタイショウエビ(コウライエビ),ホッカイエビシバエビ(遊泳類)など水産食品として重要なものが多い。沿岸性のものは打瀬網で,深海性のものは機船底引網で,イセエビは底刺網で漁獲。クルマエビ他の養殖事業も盛んである。一般に美味で惣菜(そうざい),高級料理に用いられ,干しエビ,つくだ煮の材料となり,漁業飼料としても重要。
→関連項目甲殻類

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android