コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シバエビ Metapenaeus joyneri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シバエビ
Metapenaeus joyneri

軟甲綱十脚目クルマエビ科。体長 10~15cm。淡青色の地に多数の青色小点が散在する。第2触角が赤いところからアカヒゲと呼ぶ地方もある。額角の上縁に 8~10棘をもつ。産卵期は 6~9月。寿命は 1年。東京湾瀬戸内海有明海などの内湾の水深 10~30mの砂泥底にすみ,11月~3月に漁獲される。クルマエビには及ばないが,てんぷらの材料として利用される。かつて東京湾芝浦に多産したのが和名の由来である。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シバエビ

甲殻類クルマエビ科のエビ。体色は淡青色の地に濃青色の小斑点が多く,体長は15cmに達するが,雄はやや小さい。頭胸甲は平滑ではなく,粗毛を生じている。尾節の両側縁に小棘(きょく)を欠く点などでクルマエビと異なる。
→関連項目エビ(蝦/海老)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

シバエビ

 [Metapenaeus joyneri].エビ目クルマエビ亜目クルマエビ属の食用のエビ.体長15cmほどになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シバエビ
しばえび / 芝蝦
shiba shrimp
[学]Metapenaeus joyneri

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属するエビ。体長15センチメートルに達し、生時は透明感のある青灰褐色で、濃色の斑点(はんてん)が一面にある。額角(がっかく)は水平で、上縁にだけ8~10歯ある。東京湾から南シナ海までの水深10~30メートルに生息するが、稚エビは河口付近の汽水域で育つ。産卵期は6~9月で、寿命は満1年。稚エビは深みに移って越冬し、夏に産卵して死ぬ。漁期は11月から翌年3月にかけてである。アカヒゲなど多くの地方名がある。食用エビで、てんぷら材料として中級品である。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シバエビの関連キーワードチャオチヤンミエン北海道野付郡別海町ブールコンポーゼシュリンプ海老・蝦ヨシエビ五目飯スープ海老白蝦甲類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シバエビの関連情報