コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマエビ クマエビ Penaeus semisulcatus; green tiger prawn

4件 の用語解説(クマエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマエビ
クマエビ
Penaeus semisulcatus; green tiger prawn

軟甲綱十脚目クルマエビ科。体長 23cmに達する大型種。頭胸部と腹部は淡褐色で,やや濃色の青緑色の縞がある。第2触角には白い縞模様がある。胸脚と腹肢に鮮やかな赤色の縞があるのでアシアカとも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クマエビ

甲殻類クルマエビ科のエビ。体長は22cmに達する。体色は赤褐〜青褐色で,個体によって変異が多い。胸脚と腹肢は美しい赤色で,アシアカ,アカアシなどとも呼ばれる。第2触角のひげも赤のだんだら模様。
→関連項目エビ(蝦/海老)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

クマエビ

 [Penaeus semisulcatus].クルマエビ科の大型の食用エビで,体長20cm以上にもなる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマエビ
くまえび / 熊蝦
[学]Penaeus semisulcatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属するエビ。胸脚と腹が縞(しま)のある赤色であるためアシアカともよばれるほか、多くの地方名がある。千葉県以南の西太平洋、インド洋に広く分布し、体長23センチメートルに達する。額角(がっかく)上縁に6~8歯、下縁に2~4歯があり、頭胸甲の正中稜(りょう)の側溝は前半部で消失する。産卵期は6月中旬から9月上旬である。頭胸甲長1センチメートルまでの稚エビは内湾のアマモ帯で生活しているが、10月ごろからしだいに湾外の水深20メートルぐらいの深みに移り、翌年に産卵して死ぬ。食用にされ、てんぷら材料として高級品である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマエビの関連キーワードクルマエビ軟甲類沼海老赤蝦熊海老車蝦芝海老バナメイ海老インドエビバナナエビ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クマエビの関連情報