コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマエビ クマエビPenaeus semisulcatus; green tiger prawn

4件 の用語解説(クマエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマエビ
クマエビ
Penaeus semisulcatus; green tiger prawn

軟甲綱十脚目クルマエビ科。体長 23cmに達する大型種。頭胸部と腹部は淡褐色で,やや濃色の青緑色の縞がある。第2触角には白い縞模様がある。胸脚と腹肢に鮮やかな赤色の縞があるのでアシアカとも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クマエビ

甲殻類クルマエビ科のエビ。体長は22cmに達する。体色は赤褐〜青褐色で,個体によって変異が多い。胸脚と腹肢は美しい赤色で,アシアカ,アカアシなどとも呼ばれる。第2触角のひげも赤のだんだら模様。
→関連項目エビ(蝦/海老)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

クマエビ

 [Penaeus semisulcatus].クルマエビ科の大型の食用エビで,体長20cm以上にもなる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマエビ
くまえび / 熊蝦
[学]Penaeus semisulcatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属するエビ。胸脚と腹が縞(しま)のある赤色であるためアシアカともよばれるほか、多くの地方名がある。千葉県以南の西太平洋、インド洋に広く分布し、体長23センチメートルに達する。額角(がっかく)上縁に6~8歯、下縁に2~4歯があり、頭胸甲の正中稜(りょう)の側溝は前半部で消失する。産卵期は6月中旬から9月上旬である。頭胸甲長1センチメートルまでの稚エビは内湾のアマモ帯で生活しているが、10月ごろからしだいに湾外の水深20メートルぐらいの深みに移り、翌年に産卵して死ぬ。食用にされ、てんぷら材料として高級品である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クマエビの関連キーワード航空写真伊藤聡子宮本江梨子芹澤しずか松本潤子花岡真弓澤田明子橋本すみれ鈴木智子珠実

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クマエビの関連情報