コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマエビ Penaeus semisulcatus; green tiger prawn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマエビ
Penaeus semisulcatus; green tiger prawn

軟甲綱十脚目クルマエビ科。体長 23cmに達する大型種。頭胸部と腹部は淡褐色で,やや濃色の青緑色の縞がある。第2触角には白い縞模様がある。胸脚と腹肢に鮮やかな赤色の縞があるのでアシアカとも呼ばれる。房総半島以南のインド西太平洋海域浅海に広く分布する。雑食性であるが,共食いすることも多い。その獰猛な性質からクマエビの名がつけられたといわれる。てんぷらの材料としてクルマエビに次ぐ高級品とされる。東南アジアやオーストラリアで養殖されている。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クマエビ

甲殻類クルマエビ科のエビ。体長は22cmに達する。体色は赤褐〜青褐色で,個体によって変異が多い。胸脚と腹肢は美しい赤色で,アシアカ,アカアシなどとも呼ばれる。第2触角のひげも赤のだんだら模様。
→関連項目エビ(蝦/海老)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

クマエビ

 [Penaeus semisulcatus].クルマエビ科の大型の食用エビで,体長20cm以上にもなる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマエビ
くまえび / 熊蝦
[学]Penaeus semisulcatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属するエビ。胸脚と腹が縞(しま)のある赤色であるためアシアカともよばれるほか、多くの地方名がある。千葉県以南の西太平洋、インド洋に広く分布し、体長23センチメートルに達する。額角(がっかく)上縁に6~8歯、下縁に2~4歯があり、頭胸甲の正中稜(りょう)の側溝は前半部で消失する。産卵期は6月中旬から9月上旬である。頭胸甲長1センチメートルまでの稚エビは内湾のアマモ帯で生活しているが、10月ごろからしだいに湾外の水深20メートルぐらいの深みに移り、翌年に産卵して死ぬ。食用にされ、てんぷら材料として高級品である。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クマエビの関連キーワードウシエビ頭胸甲甲類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クマエビの関連情報