コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッカイエビ ホッカイエビ Pandalus latirostris

3件 の用語解説(ホッカイエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホッカイエビ
ホッカイエビ
Pandalus latirostris

軟甲綱十脚目タラバエビ科。旧学名は P. kessleri。体長約 13cm。黄褐色ないし緑褐色の地に黄白色の縦縞が数本ある。甲殻は比較的硬く,額角は頭胸甲より長い。額角上縁の後半に 13~18棘,下縁に 10~16棘が列生し,上縁先端に刃状の 1棘がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホッカイエビ

甲殻類タラバエビ科のエビ。体長13cmほどに達する。体色は淡黄褐〜暗緑褐色で,体側に白あるいは黄色の縦縞(じま)が数条。第2胸脚は左右不同で,腕節は多数の小節からなる。
→関連項目エビ(蝦/海老)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホッカイエビ
ほっかいえび / 北海蝦
hokkai shrimp
[学]Pandalus kessleri

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目タラバエビ科に属するエビ。多量に漁獲される重要種。暗緑褐色で、背面に1本、各体側に5本の白色ないし黄白色の縦縞(たてじま)が走る。体長は約13センチメートルに達し、ほかのタラバエビ類と同様に雄性先熟の性転換をする。体長5.5センチメートル以下の個体はすべて雄で、性転換は一般に8~10センチメートルで行われ、それより大きい個体はすべて雌である。額角(がっかく)は頭胸甲より長く、上縁に13~18本の可動棘(きょく)(頭胸甲上に4、5本)、下縁に10~16本の不動棘がある。北西太平洋、オホーツク海、北海道沿岸に多産し、水深10メートルまでの砂泥底で、アマモなどが茂っている場所に多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホッカイエビの関連キーワード軟甲類富山海老沼海老藜海老乙姫蝦桜蝦芝海老牡丹海老バナメイ海老ホッカイエビ(北海蝦)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone