コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマエビ ヌマエビParatya compressa

3件 の用語解説(ヌマエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌマエビ
ヌマエビ
Paratya compressa

軟甲綱十脚目ヌマエビ科 Atyidae。緑褐色ないし青緑色で,体長は雌 3cm,雄 2cm。額角は長く,まっすぐに突出し,上縁に 13~30棘(多くは 19~22棘で,このうち後方の 1~5棘は頭胸甲上に位置する),下縁に 0~8棘(多くは 2~3棘)をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヌマエビ

甲殻類ヌマエビ科のエビ。体長3cmくらい。体色は青緑〜緑褐色。額角は水平に突出して比較的長く,上縁に14〜34個,下縁に0〜8個の小さいとげがあり,長方形の尾節にも側縁に2〜3個のとげがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌマエビ
ぬまえび / 沼蝦
[学]Paratya compressa

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ヌマエビ科に属する小形のエビ。体長3センチメートル。北海道を除く日本全国に分布するが、本州中部以南に多い。池沼、湖、川の下流域にすみ、幼生は海で育つ。額角(がっかく)は上縁に14~34歯、下縁に0~8歯をもつが、上縁の後方0~5歯は頭胸甲上にある。第1、第2脚にはさみをもつが、先端に毛の束があり、また腕節の上縁が深くくぼんでいる。西日本の河川に多いいわゆるタエビはミナミヌマエビNeocaridina denticulataで、釣り餌(え)として高価である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌマエビの関連情報