コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイショウエビ

4件 の用語解説(タイショウエビの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タイショウエビ

コウライエビとも。甲殻類タイショウエビ科のエビ。色は淡灰色,尾扇は朱褐色,その先端は黒褐色,体長は27cmに達する。腹部の第4節以下は強く側扁している。黄河,東シナ海などに分布し,主としてトロール網で漁獲される。
→関連項目エビ(蝦/海老)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

タイショウエビ

 [Panaeus orientalis].コウライエビともいう.体長27cmになる.クルマエビ科の食用のエビ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイショウエビ
タイショウエビ

コウライエビ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイショウエビ
たいしょうえび / 大正蝦
fleshy prawn
[学]Penaeus chinensis

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属するエビ。水産業上、重要な食用エビで、世界に分布するクルマエビ属28種のうちで漁獲量の多い5種に入る。体長は雄で20センチメートル、雌で27センチメートルに達する。黄海と渤海(ぼっかい)にのみ生息する狭分布性の種で、標準和名はコウライエビ(高麗蝦)である。商品名としてタイショウエビが名の通りがよいが、水産流通業界では、背から腹方にかかる帯状紋がないクルマエビ類をすべて「大正エビ」の名で販売しているので注意を要する。タイショウエビの名については、大正年間に黄海のトロールで漁獲されるようになったためと説明されることが多いが、異論もある。
 生時は半透明の淡灰色で、微小な青灰色の斑点(はんてん)がある。尾扇(びせん)は赤褐色で、先端部が黒褐色。額角(がっかく)は上縁に7~9歯、下縁に3~5歯ある。尾節に棘(とげ)はない。春から夏にかけては渤海湾奥部の浅い泥底にすみ、7月を中心として産卵する。夏に孵化(ふか)した稚エビは、秋には20センチメートルほどに成長して沖合い回遊を始め、山東半島以南、済州島西方の深い所で越冬する。底引網で漁獲されるものは主としてこの越冬群である。4月ごろから沿岸回遊を始めるとともに急速に成熟し、湾奥部で放卵後に死ぬ。寿命は1年である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイショウエビの関連キーワードイセエビコウライエビ大正海老虎海老沼海老北海海老桜蝦猩猩蝦糠蝦藻蝦

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone