コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイショウエビ

百科事典マイペディアの解説

タイショウエビ

コウライエビとも。甲殻類タイショウエビ科のエビ。色は淡灰色,尾扇は朱褐色,その先端は黒褐色,体長は27cmに達する。腹部の第4節以下は強く側扁している。黄河,東シナ海などに分布し,主としてトロール網で漁獲される。
→関連項目エビ(蝦/海老)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

タイショウエビ

 [Panaeus orientalis].コウライエビともいう.体長27cmになる.クルマエビ科の食用のエビ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイショウエビ

コウライエビ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイショウエビ
たいしょうえび / 大正蝦
fleshy prawn
[学]Penaeus chinensis

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属するエビ。水産業上、重要な食用エビで、世界に分布するクルマエビ属28種のうちで漁獲量の多い5種に入る。体長は雄で20センチメートル、雌で27センチメートルに達する。黄海と渤海(ぼっかい)にのみ生息する狭分布性の種で、標準和名はコウライエビ(高麗蝦)である。商品名としてタイショウエビが名の通りがよいが、水産流通業界では、背から腹方にかかる帯状紋がないクルマエビ類をすべて「大正エビ」の名で販売しているので注意を要する。タイショウエビの名については、大正年間に黄海のトロールで漁獲されるようになったためと説明されることが多いが、異論もある。
 生時は半透明の淡灰色で、微小な青灰色の斑点(はんてん)がある。尾扇(びせん)は赤褐色で、先端部が黒褐色。額角(がっかく)は上縁に7~9歯、下縁に3~5歯ある。尾節に棘(とげ)はない。春から夏にかけては渤海湾奥部の浅い泥底にすみ、7月を中心として産卵する。夏に孵化(ふか)した稚エビは、秋には20センチメートルほどに成長して沖合い回遊を始め、山東半島以南、済州島西方の深い所で越冬する。底引網で漁獲されるものは主としてこの越冬群である。4月ごろから沿岸回遊を始めるとともに急速に成熟し、湾奥部で放卵後に死ぬ。寿命は1年である。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タイショウエビの関連キーワードシュリンプピンク渤海(海域)パエリャプローン黄海

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android