エフレム ジンバリスト(英語表記)Efrem Zimbalist

20世紀西洋人名事典の解説

エフレム ジンバリスト
Efrem Zimbalist


1889.4.9 - 1985.2.22
米国のバイオリン奏者。
元・カーティス音楽学校校長。
ロシア(ロストフ)生まれ。
旧名Efrem Aleksandrovich Tsimbalist。
ペテルブルグ音楽院でアウアーに師事し、18歳の時にベルリン・フィルとともに、ブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏して注目を浴びた。1911年に米国でデビューし同年に帰化した。’14年にメトロポリタン歌劇場の花形歌手アルマ・グルックと結婚した。’28年からはカーティス音楽学校で教え、’41年から校長となる。2年後には同校創始者の未亡人メアリー・ルイズと再婚した。’50年代は演奏活動から引退し、子弟の教育と作曲に尽力した。江藤俊哉は門下の一人である。また、’22年を第一回として5回来日している。長男のエフレム・ジンバリスト,Jr.は俳優。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

エフレム ジンバリスト

生年月日:1889年4月9日
ロシア生まれのアメリカのバイオリニスト
1979年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android