コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エプタメロン Heptaméron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エプタメロン
Heptaméron

フランスのナバール王妃マルグリット・ダングレーム (マルグリット・ド・ナバール) の物語集。「七日物語」。 1558年刊。作者自身フランス語訳を手がけたボッカチオの『デカメロン』に構成様式を借り 72の短編を収める。作者の死後刊行者によってこの題名がつけられた。愛欲と貞潔の葛藤の題材と,「話し手」が物語のあとでかわす感想と活発な会話が特徴で,16世紀のこの種の作品のなかで特異な位置を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エプタメロン
えぷためろん
Heptamron

フランスの女流作家マルグリット・ド・ナバールの短編連作集。1559年没後刊。10人の男女が毎日一つずつ実話を披露し、一つ聞き終わると各人が感想を述べ意見を戦わせるという構成は、『デカメロン』に想を得たと考えられるが、艶笑(えんしょう)文学的な色と欲とを主たるテーマとしながら、同工異曲の中世文学にみられない恋愛感情の分析に立ち入り、作者自身のプラトニズム的恋愛観の投影と相まって、独自の近代性を獲得している。現存総数72編。表題は編者がつけたもので「七日物語」の意。[二宮 敬]
『沢木譲次訳『エプタメロン』(1953・河出書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エプタメロンの関連キーワードマルグリットドナバールルネサンス史(年表)ポルノグラフィーボッカッチョ好色文学コント

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android