エマルジョン塗料(読み)えまるじょんとりょう(英語表記)emulsion paint

翻訳|emulsion paint

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳濁液(エマルジョン)とした塗料。ビニル系(多くはポリ酢酸ビニルポリ塩化ビニル)あるいはアクリル系のポリマーを乳化重合で製造する。一方で顔料を水、分散剤、粘度付与剤などと練り合わせてペースト状とし、これに先の乳化物を徐々に加えていき、目的の濃度の製品をつくる。この方法は安定なエマルジョンをつくるための特殊な技術である。用途としてはスプレーガンを用いる室内塗装用が多い。有機溶媒を媒体とした従来のエナメルやペイントなどの塗料の塗布時や乾燥時における、有機溶媒の発散による労働衛生面への配慮と環境汚染防止のために、水系のエマルジョン塗料の使用が主力になった。[垣内 弘]
『本山卓彦著『ビニル系エマルジョン』(1965・高分子刊行会) ▽由良政昭著『入門・エマルジョンの応用』(1975・高分子刊行会) ▽奥田平・稲垣寛編著『合成樹脂エマルジョン』(1986・高分子刊行会) ▽シーエムシー編・刊『エマルジョンの需要構造と将来展望』(1998) ▽本山卓彦監修『機能性エマルジョンの基礎と応用』(2000・シーエムシー)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android