コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラヒキムシ エラヒキムシ Priapulus caudatus

2件 の用語解説(エラヒキムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラヒキムシ
エラヒキムシ
Priapulus caudatus

袋形動物門動吻綱トゲカワ目エラヒキムシ科。体幹の長さ約 4cm。吻と尾状付属器をもつ。体幹表面に小棘と乳頭が不規則に生じ,環節状の多くのくびれがある。雌雄異体。海底の軟泥に埋もれて生活する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エラヒキムシ
えらひきむし / 鰓曳虫

袋形(たいけい)動物門プリアプルス綱プリアプルス目の旧和名。体の後端にえら状(房状)の付属物をもつ。この形状からエラヒキムシの名がつけられたものと思われるが、この付属物はえら(呼吸器官)ではないので、近年和名の変更が提唱された。吻(ふん)が長いのでフンムシまたは後端から出る房状の付属物からフサオフンムシがその例であるが、この名も不快感を与えるとの理由で、最近ではむしろ原名のプリアプルスをそのまま使用している。[鈴木 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エラヒキムシの関連キーワード袋形動物線形動物蠕形動物嘆かわしい引き毟る輪形動物エラヒキムシ(鰓曳虫)袋形動物門動吻綱フタツエラヒキムシ