コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリクセン試験 エリクセンしけん

百科事典マイペディアの解説

エリクセン試験【エリクセンしけん】

金属薄板深絞り(プレス加工の一種で,金属の薄板などから継目のない底付きの容器を作る加工法)性を調べる試験。JISで試験方法を規定。両面にワセリンを塗った所定寸法の試験片エリクセン試験機のダイス(穴のあいた基台)上に置くか,ダイスとしわ押えとの間に強くはさみ,その中央に半球状のポンチを押し込んでダイスで絞り出す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エリクセンしけん【エリクセン試験 Ericksen test】

ダイスとポンチによって,金属の薄板などから継目のない底付きの容器を作るプレス加工を深絞りというが,材料の深絞り性を調べる加工性試験の代表的なものにエリクセン試験がある。試験すべき薄板(直径90mmの円板,または1辺の長さ90mmの正方形,または幅90mmの帯)をエリクセン試験機のダイスとしわ押えの間に挿入し,半球状のポンチで上方から押す。カップ状に膨らんでいく板の下面頂部に亀裂が生ずるまでポンチを押し込み,そのときの深さをmm単位で測定した数値をエリクセン値と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリクセン試験
えりくせんしけん
Erichsen test

板材のプレス加工における成形性を調べるために行われる材料試験。ノルウェーの技術者であるエリクセンAbraham Marthinitts Erichsen(1876―1952)が1912年に発表した試験法で、現在でも広く使用されている。この試験にはエリクセン試験機が用いられ、円板状または帯板状の試験片をしわ押さえとダイスとの間に置き、先端が半球状のポンチを押し込んでいく。試験片の表から裏まで貫通した亀裂(きれつ)の生ずるまでのポンチの進入した深さをミリメートル単位で表し、この数値をエリクセン値とよぶ。エリクセン値は同一材質でも板の厚さが厚いほど大きくなり、薄板の材料規格には板の厚さに応じてエリクセン値を規定している。なお、薄板のプレス加工性に関する試験法としてはこのほかにコニカルカップ試験がある。これは、円板状の薄板を円錐(えんすい)形ダイスの中に入れ、中央を球状ポンチで押し込み、試験片底部が割れを生じたときの試験片上縁部の平均直径の値(コニカルカップ値)を求める方法で、これが小さいほど成形性がよいとする。[林 邦夫・中條祐一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android