コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリーザベト・フォン・R エリーザベトフォンアール Elisabeth von R.

1件 の用語解説(エリーザベト・フォン・Rの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エリーザベトフォンアール【エリーザベト・フォン・R Elisabeth von R.】

S.フロイトによって《ヒステリー研究》(1895)中で報告された症例の一つで,24歳になるハンガリーの地主の娘。主訴は両下肢の疼痛と歩行障害。フロイトによる分析の過程で,発病が姉やその夫らと避暑に行った際に起こったこと,姉が死んだ時に〈これで義兄さんの妻になれる〉と思った後に憎悪していること,などが意識化されて,病状は回復した。フロイトは,道徳心から義兄への愛情が抑圧され,意識から切り離されて身体症状に転換されて発病した,と考えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエリーザベト・フォン・Rの言及

【フロイト】より

…これは精神病理学者・精神療法家フロイトの誕生をも意味する。J.ブロイアーと共著の《ヒステリー研究》(1895)では,おもにブロイアーの催眠浄化法がとり上げられているが,症例エリーザベト嬢(エリーザベト・フォン・R)に対しては,未熟な形ながら自由連想法が採用されている。この書の中では〈抑圧〉〈無意識〉〈転換〉の機制がとり上げられ,ヒステリーは抑圧された性的契機が大きな意味をもつ性的神経症であると主張されている。…

※「エリーザベト・フォン・R」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エリーザベト・フォン・Rの関連キーワード新フロイト派ヒステリーヒステリシスミステリーヒステリックヒステリカル黒い金魚アロステリック阻害ヒスロパイトヒステロジェナイト,ヒステロモルファス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone