コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルクラーノ エルクラーノHerculano de Carvalho Araújo, Alexandre

3件 の用語解説(エルクラーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルクラーノ
エルクラーノ
Herculano de Carvalho Araújo, Alexandre

[生]1810.3.28. リスボン
[没]1877.9.13. サンタレン
ポルトガルの小説家,詩人,歴史家。同国におけるロマン主義文学の創始者の一人。 1828年,一時フランスに亡命したが,ドン・ペドロ4世の兵士として帰国。晩年はサンタレンの別荘に隠遁生活をおくり,思索に富んだ作家,歴史家としてすぐれた業績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エルクラーノ【Alexandre Herculano】

1810‐77
ポルトガルの歴史家,小説家,詩人。大学教育を受ける機会に恵まれなかったが,当時最高の歴史学者となり,4巻に及ぶ大著《ポルトガル史》(1846‐53)は,まだその価値を失っていない。また《ポルトガル史料集》(1873)は史料的価値ばかりでなく,民俗学的・言語学的研究資料としての価値もきわめて高い。小説家としての彼はポルトガルの歴史小説の創始者と目されており,その作品――たとえば《伝説集》(1851)――の背後には,歴史学者としての確かな目が感じられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルクラーノ
えるくらーの
Alexandre Herculano
(1810―1877)

ポルトガルの小説家、歴史家。ガレットらとともにロマン主義を創始し、おもに中世に取材した歴史小説を開拓する。荘重、的確な文体で『道化者』(1843)、『司祭エウリーコ』(1844)、『物語集』(1851)などを著し、歴史家としても多くの名著がある。[濱口乃二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エルクラーノの関連キーワード神谷源内植村文楽軒ポワントオクトーバーフェスト川尻浦の久蔵ソユーズ宇宙船佚存叢書エリーゼのために緒方洪庵小野蘭山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルクラーノの関連情報