コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルランデル エルランデルErlander, Tage Fritiof

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルランデル
Erlander, Tage Fritiof

[生]1901.6.13. バルムラント,ランセーテル
[没]1985.6.21. ストックホルム
スウェーデンの政治家。 1928年ルンド大学を卒業後,38年まで百科事典の編集に従事。 33年の市議会議員を皮切りに政界入りし,国会議員となってからは社会民主労働党政権で教育相など閣僚ポストを歴任。 46年 P.A.ハンソン首相が急死したためその後任に選出され,69年 10月まで首相の座についた。彼の最大の政治的功績は,57年の年金制度改革をはじめ高齢者,児童,借地生活者に対する社会福祉の拡充をはかり,今日のスウェーデンの基礎を築いたことにある。さらに,教育改革にも努め,義務教育を9年間に延ばしたほか高等教育の機会拡大にも貢献した。主著に『タゲ・エルランデル』 TageErlander (4巻,1972) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルランデル
えるらんでる
Tage Fritiof Erlander
(1901―1985)

スウェーデンの政治家。ルンド大学で経済学、政治学を学び、社会民主党に入党。1930~1936年ルンド市議、1932~1944年、1949~1973年下院議員。1945~1948年上院議員。1938~1944年社会福祉省次官、1944~1945年顧問大臣、1945~1946年教育相。1946年首相に就任、1969年まで23年間にわたって政権を維持した。1955年強制疾病保険、1959年全般的補助年金制度の導入など、社会福祉の充実に尽力。外交では非同盟政策を維持し、北欧協力を促進した。[大島美穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エルランデルの関連キーワード正岡子規ノーベル賞カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone