コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エル・アラメインの戦 エルアラメインのたたかいBattle of El Alamein

世界大百科事典 第2版の解説

エルアラメインのたたかい【エル・アラメインの戦 Battle of El Alamein】

第2次大戦における主要な決戦の一つ。北アフリカでロンメル指揮の枢軸国(ドイツ,イタリア)軍は西方よりイギリスの植民地エジプトに向け進攻した。敗退を重ねていたイギリス第8軍は,モンゴメリー将軍を指揮官に迎えてから態勢を立て直し,まず1942年8月末,アラム・ファルファの戦闘で枢軸国軍を撃退した。次いで10月23日夜満月を利用して,エル・アラメイン付近の枢軸国軍陣地を攻撃,激戦の末11月4日に至りようやく突破に成功し,決定的な勝利を収めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エル・アラメインの戦の関連キーワードモンゴメリー(Bernard Law Montgomery)バーナード・L. モンゴメリーハロルド アレクサンダーアレクサンダーアラメインの戦

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android