エル-ジェムの円形闘技場(読み)エルジェムのえんけいとうぎじょう

世界遺産詳解の解説

エルジェムのえんけいとうぎじょう【エル-ジェムの円形闘技場】

1979年に登録された世界遺産(文化遺産)。エル・ジェムはチュニジア南東部にある都市で、巨大な円形闘技場が3世紀に建造された。約5万人を収容できるローマのコロッセオより少し小さいが、それでも周囲427m、収容能力約3万5000人を誇った。猛獣と剣闘士、死刑囚同士が格闘する劇場として使用された。オリーブオイルを輸出した富で建造された。保存状態がよいことなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はAmphitheatre of El Jem

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android