エル・ジェム(読み)エルジェム

百科事典マイペディアの解説

エル・ジェム

チュニジア北東部にある小村で,ローマ時代の円形闘技場の遺跡がある。240年にローマ皇帝ゴルディアヌス3世によって建造されたもの。縦149m,横124m,高さ36m,舞台は直径65m,収容人員約3万5000人で,北アフリカ最大の円形闘技場。切り出した石を漆喰(しっくい)で固めて積み上げて造ったもので,作業は大勢の奴隷によって行われた。当時のローマ帝国の絶大な勢力を示す建造物で,保存状態もよい。1979年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android