コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エル・ジェム エルジェム

百科事典マイペディアの解説

エル・ジェム

チュニジア北東部にある小村で,ローマ時代の円形闘技場の遺跡がある。240年にローマ皇帝ゴルディアヌス3世によって建造されたもの。縦149m,横124m,高さ36m,舞台は直径65m,収容人員約3万5000人で,北アフリカ最大の円形闘技場。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

エル・ジェムの関連キーワードエルチュニジア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android