コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改革・開放 かいかくかいほう

百科事典マイペディアの解説

改革・開放【かいかくかいほう】

中国で1970年代末から【とう】小平を中心として進めてきた政策の総称。文化大革命終結後,1978年12月の中国共産党第11期3中総会で主導権を確立した【とう】は,1979年から経済特区の設置,農業の生産請負制(人民公社を解体し,国家から支給した土地を家族単位で耕作)導入,外資・技術・経営ノウハウの導入による工業体制の改革(1979年中外合資経営企業法制定)に着手した。
→関連項目中華人民共和国中国共産党

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

改革・開放の関連キーワードエマージング・マーケット1つの中心・2つの基本点法輪功(ほうりんこう)グエン・ミン・チェットイラン女性の服装規制儒教(儒学)と中国CITICグループ社会主義市場経済中国の改革・開放中国の大学教育中国の民間金融新華僑と老華僑中国の戸籍制度新国際政治秩序中国の大学事情一人っ子政策経済特別区マイン体制鄧小平理論国家安全部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改革・開放の関連情報