エンゲルバート(英語表記)Engelbart, Douglas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンゲルバート
Engelbart, Douglas

[生]1925.1.30. オレゴン,ポートランド
[没]2013.7.2. カリフォルニア,アサートン
アメリカ合衆国の発明家。コンピュータマウスなど,GUIの基礎を開発し,今日のコンピュータの土台をつくった。1955年カリフォルニア大学バークリー校で電気工学の博士号を取得。1963年からのスタンフォード研究所での研究で,ビットマップディスプレイ,マルチウィンドー,ハイパーメディア,グループウェアなどのアイデアを得た。特にコンピュータ画面上の場所を指定する「マウス」の概念を提唱,1968年の会議で木製マウスを使ってコンピュータを操作,研究者を驚かせた。一方,国防高等研究計画局 DARPAの分散型コンピュータ・ネットワーク,ARPANETの開発にもかかわり,今日のインターネットの原型をつくった。これはのちにマウスなどのシステム(オンラインシステムNLS)と組み合わされ,文字・画像情報などを混ぜるマルチメディア(→マルチメディア情報)の嚆矢となった。多数の栄誉を得,1997年にチューリング賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンゲルバートの関連情報