エンゲルバート(英語表記)Engelbart, Douglas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンゲルバート
Engelbart, Douglas

[生]1925.1.30. オレゴン,ポートランド
[没]2013.7.2. カリフォルニア,アサートン
アメリカ合衆国の発明家。コンピュータマウスなど,GUIの基礎を開発し,今日のコンピュータの土台をつくった。1955年カリフォルニア大学バークリー校で電気工学の博士号を取得。1963年からのスタンフォード研究所での研究で,ビットマップディスプレイ,マルチウィンドー,ハイパーメディア,グループウェアなどのアイデアを得た。特にコンピュータ画面上の場所を指定する「マウス」の概念を提唱,1968年の会議で木製マウスを使ってコンピュータを操作,研究者を驚かせた。一方,国防高等研究計画局 DARPAの分散型コンピュータ・ネットワーク,ARPANETの開発にもかかわり,今日のインターネットの原型をつくった。これはのちにマウスなどのシステム(オンラインシステムNLS)と組み合わされ,文字・画像情報などを混ぜるマルチメディア(→マルチメディア情報)の嚆矢となった。多数の栄誉を得,1997年にチューリング賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンゲルバートの関連情報