コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンゴサク

デジタル大辞泉プラスの解説

エンゴサク

ケマンソウ科の多年草。塊茎は生薬として使用され、胃腸薬などに含有

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のエンゴサクの言及

【ジロボウエンゴサク】より

…蒴果(さくか)は線形で,乾くとはじけて黒色の種子を散布する。ヤマエンゴサクC.lineariloba Sieb.et Zucc.は本州~九州,朝鮮,中国東北地方に分布し,エゾエンゴサクC.ambigua Cham.et Schlecht.は本州中部以北,北海道,千島,サハリン,中国東北部に産する。ともに地下の塊茎は球形で,茎は1本のみ伸び,最下の葉が鱗片となる点がジロボウエンゴサクと異なる。…

※「エンゴサク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エンゴサクの関連キーワードヤマエンゴサク(山延胡索)キイロウスバアゲハウスバシロチョウエゾエンゴサクヤマエンゴサクウスバアゲハ次郎坊延胡索アゲハチョウ苫前[町]苫前(町)山延胡索薄翅白蝶苫前町ケシ科