コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンジンテレグラフ

2件 の用語解説(エンジンテレグラフの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エンジンテレグラフ

操船者が機関室に運転指令を連絡するために用いられる装置。操船者は船橋(せんきょう)(ブリッジともいう)から機関室に前進,後進,全速,半速,低速,微速,停止などの機関の使用を指令し,機関室より確認応答を直接連絡する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エンジンテレグラフ【engine telegraph】

船の操船者と機関室との間で機関の運転に関する指令を連絡するのに用いられる装置。ふつう,船橋(ブリッジ)にいる操船者が,目盛盤につけられた〈前進,後進〉〈全速,半速,低速,微速,停止〉などの指示の位置にハンドルを置くことによって,機関室にこれと同じ指令用語が伝わるようになっている。従来は伝達機構に鎖やロッドを使用した純機械式であったが,現在はサーボ機構などを用いた電気式である。また従来は船橋から機関室への連絡用のみに用いられていたが,最近の船では船橋から直接,機関を遠隔で操縦できるようになっており,エンジンテレグラフはこのための操縦装置を兼ねている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エンジンテレグラフの関連キーワードオットー機関区可逆機関機関士機関室キャブ交通機関運転区噴射推進機関運営管理機関

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エンジンテレグラフの関連情報