コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーフロス Anatolii Vasilievich Efros

2件 の用語解説(エーフロスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エーフロス【Anatolii Vasilievich Efros】

1925‐87
ソ連邦の代表的演出家。ルナチャルスキー演劇大学卒業後,1954年からモスクワ中央児童劇場でおもにV.ローゾフの作品を上演して名を成し,63‐67年レーニンコムソモール劇場首席演出家。67年から現在までマーラヤ・ブロンナヤ劇場の演出家。心理体験を重視しながらも鋭い象徴的演出手法も併用し,自然主義的な社会主義リアリズムから現代劇を解放した功績は大きい。【宮沢 俊一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーフロス
えーふろす
Анатолий Васильевич Эфрос Anatoliy Vasil'evich Efros
(1925―1987)

ロシアの演出家。1950年モスクワの国立演劇大学演出科を卒業。リャザンニ市の劇場、のちモスクワの中央児童劇場で演出を行い、新進劇作家ローゾフの作品を世に送り出した。63年コムソモール劇場の主任演出家に抜擢(ばってき)され、ローゾフの『結婚記念日』、アルブーゾフの『私のかわいそうなマラート』などを演出。古典の現代的演出で論議をよび、67年からマーラヤ・ブロンナヤ劇場に移された。70年代のモリエールの『ドン・ジュアン』、ゴーゴリの『結婚』などは国際的にも評価される名演出である。[中本信幸]
『エーフロス著、宮沢俊一訳『演劇の日常』(1979・テアトロ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーフロスの関連キーワードアブダビイズベスチヤゴルバチョフソ連演出家ソ連邦代表的ロシア連邦南ア連邦対応時間の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone