コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーフロス Anatolii Vasilievich Efros

世界大百科事典 第2版の解説

エーフロス【Anatolii Vasilievich Efros】

1925‐87
ソ連邦の代表的演出家。ルナチャルスキー演劇大学卒業後,1954年からモスクワ中央児童劇場でおもにV.ローゾフの作品を上演して名を成し,63‐67年レーニン・コムソモール劇場首席演出家。67年から現在までマーラヤ・ブロンナヤ劇場の演出家。心理体験を重視しながらも鋭い象徴的演出手法も併用し,自然主義的な社会主義リアリズムから現代劇を解放した功績は大きい。【宮沢 俊一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーフロス
えーふろす
Анатолий Васильевич Эфрос Anatoliy Vasil'evich Efros
(1925―1987)

ロシアの演出家。1950年モスクワの国立演劇大学演出科を卒業。リャザンニ市の劇場、のちモスクワの中央児童劇場で演出を行い、新進劇作家ローゾフの作品を世に送り出した。63年コムソモール劇場の主任演出家に抜擢(ばってき)され、ローゾフの『結婚記念日』、アルブーゾフの『私のかわいそうなマラート』などを演出。古典の現代的演出で論議をよび、67年からマーラヤ・ブロンナヤ劇場に移された。70年代のモリエールの『ドン・ジュアン』、ゴーゴリの『結婚』などは国際的にも評価される名演出である。[中本信幸]
『エーフロス著、宮沢俊一訳『演劇の日常』(1979・テアトロ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エーフロスの関連キーワードレベンターリロシア演劇6月3日現代演劇

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android